老けて見える要因|美しい素肌になりたいならニキビ跡やクレーターを治療しよう

美しい素肌になりたいならニキビ跡やクレーターを治療しよう

老けて見える要因

女の人

自分でできることは

ほうれい線とは、小鼻のあたりから口角にかけてできるシワのことで、老けて見える原因となります。30代ごろから気になり始める人が多いようです。ほうれい線ができる原因としては、加齢や紫外線の影響により皮膚のうるおいを保つ成分が減少し、ハリがなくなることが挙げられます。また、顔の筋肉が衰えることにより表面の皮膚を支えられなくなり、重力に逆らうことができずに皮膚がたるむことでほうれい線が目立つようになります。自分でできるほうれい線の予防としては、紫外線対策をしっかり行うことです。また顔の筋肉を鍛えることで、皮膚のたるみを予防することもできます。保湿をしっかりすることも重要です。乾燥していると、小ジワができるようになり、小ジワが解消されないと次第にくっきりとしたシワになってしまいます。

さまざまな方法

一度深くなってしまったほうれい線は、なかなか薄くすることが難しいようです。そこで美容整形ではヒアルロン酸の注射や、体内に吸収される安全な糸を使用してほうれい線を改善する治療を行っており、大変人気があります。しかしこれらの方法も万全ではなく、もちろんメリットもあればデメリットもあるため医師と治療法や危険性についてしっかりと確認をすることが大切になります。一度くっきりとできてしまうと大変ですが、原因である紫外線によるダメージや乾燥、筋肉の衰えをカバーすることは可能です。自分でケアを行うことにより、改善することも不可能ではありません。原因を知ることでしっかり対策をし、ほうれい線を薄くしていきましょう。